後遺症の慰謝料とは

後遺症の慰謝料とはどのようなものでしょうか?交通事故に遭った時には、慰謝料が支払われます。
慰謝料というのは、交通事故の被害者のメンタル的な苦しみに対する賠償です。
慰謝料には種類が3つあり、入通院慰謝料、後遺症慰謝料、死亡慰謝料があります。
この中の後遺症慰謝料というのは、後遺症を持ちながら生活していくことに対するメンタル的な苦しみに対して支払われるものです。
法律上では、後遺症慰謝料と言うのは後遺障害慰謝料と言います。

後遺障害慰謝料の金額に関しては、後遺障害等級によって基準額が決められています。
なお、入通院慰謝料、死亡慰謝料に関してはネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

しかしながら、この基準額というのは確定したものではなく、慰謝料の実際の金額は状況を考慮して決められます。
14等級に後遺症等級は分かれており、このうち要介護かどうかで1級と2級はさらに分かれています。
なお、どの後遺症等級に該当するのか分からない場合は、ネットなどで紹介されているため参考にしてみましょう。
交通事故の場合の慰謝料の金額は、後遺症等級で決定されるといって言いでしょう。

では、どうすればさらに上の後遺症等級を得ることができるのでしょうか?いい医師に診てもらうことももちろん必要です。
交通事故の実況見分の際に、主張をしっかりと行うことも必要です。
しかしながら、しっかり後遺症等級の申請を行うことがやはり相当大切になってきます。
本サイトでは、後遺症慰謝料の基準、苦しみに対する賠償、後遺障害に応じて請求、についてご紹介します。



<特選外部リンク>
交通事故で負ってしまった後遺障害の慰謝料請求などを代行してくれる法律事務所です → 交通事故 後遺障害